2017-08-27

セキララに。



現在発売中の『俳句』9月号「男のドラマ・女のドラマ」にエッセイを寄稿しています。

この連載エッセイ、編集部から指定されたテーマというのがあって、
♣背景にドラマを感じる異性俳人(故人)の一句を挙げる。
♣その一句を鑑賞しつつ、自分の人生の転機となったような大きな出来事をセキララに語る。
の2つがその大枠。それゆえ素直に、誰にもしたことのない恥ずかしい話を書きました。あと引用句なのですが、圧倒的なドラマ性という観点からみて、これを超える作品はこの世に存在しないんじゃないかな…って思ってます。