2017-08-10

ダーガー似。



ヘンリー・ダーガーの絵は画集だと色のトーンがぺたっとしている上に紙の質感も失われていて、ファンとしては少々残念なのだけれど(あの内容が、とてつもなくフラジャイルな装いをもって完成している点が全く狂気なので)、きのうモナコで紫禁城にまつわる企画を見ていたら、生のダーガーを思わせる絵を見つけた。

と、書きつつ「いや、全然似てないよ」と言われるかもって、今ちょっと心配してる。

あのね、やわらかな色の乗りや、しなやかな群衆や、写生と空想とのアンバランスぐあいがダーガーを想起させたみたい。あともうひとつ、紫禁城での人生というのは究極の『非現実の王国』だよねって、会場を歩きながらふっと思ったので。そんなわけです。ごめんね、あんまり深くとらないで。ラヴ。