2017-08-01

寄稿その他

【今後の予定】
新刊『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版)6月20日発売。
週刊俳句連載中 ハイク・フムフム・ハワイアン
豆の木 宮本佳世乃「ぽつねんと」(現代俳句新人賞作品)への評。
喜怒哀楽 リレーエッセイ(6月号まで)

【2018年】
八上桐子句集『hibi』(港の人)の栞文「銀の楽器をもたらす手」
週刊俳句第563号 トップ写真と小文「火力発電所
喜怒哀楽2-3月号 リレーエッセイ「てぶら生活
週刊俳句第566号 ハイク・フムフム・ハワイアン1「新年、マイナのなきごえより。
週刊俳句第567号 ハイク・フムフム・ハワイアン2「渓谷のハイキング」。
ウラハイ〔週末俳句〕エッセイ「春のお買い物
俳誌要覧2018 漢詩をめぐる随筆&翻訳「恋は深くも浅くもある」
俳句四季4月号 競詠10句「花と夜盗」およびエッセイ
川柳スープレックス インタビュー「小津夜景さんの好きな川柳・俳句・短歌
週刊俳句第568号 ハイク・フムフム・ハワイアン3「俳句の電報、俳句の香木
週刊俳句第569号 ハイク・フムフム・ハワイアン4「荻原井泉水とハワイ
週刊俳句第571号 ハイク・フムフム・ハワイアン5「続・荻原井泉水とハワイ
喜怒哀楽4-5月号 リレーエッセイ「ふしぎな奥義
未明02 長編連作「ゼリーフィッシュと遠い記憶

【2017年】
週刊俳句1月1日号 新春対談「〈身体vs文体〉のバックドロップ」。
北海道新聞文化欄(1月27日付) エッセイと作品「カモメの日の読書」。
週刊俳句1月29日号 小論「ことばの原型を思い出す午後 飯島章友の川柳における〈生命の風景〉について」。
週刊俳句2月5日号 連載【みみず・ぶっくすBOOKS】第14回 ジル・ブリュレ&宮本千安紀『はいくま』。
週刊俳句2月21日号 連載【みみず・ぶっくすBOOKS】リアル書店オープンのお知らせ。場所は大阪の居留守文庫。出品中の書影はこちらこちら
俳句3月号 作品10句「退屈を愛する人の音楽」。
朝日新聞文芸欄(3月8日付) 作品12句「胸にフォークを」。
週刊俳句4月16日号 作品10句「そらなる庭に ピエロ・デラ・フランチェスカによせて」。
週刊俳句4月30日号 リレーエッセイ【俳苑叢刊を読む】第14回「岩田潔『東風の枝』水平線と、雲と、そのほか。」。
5月3日『フラワーズ・カンフー』が第8回田中裕明賞を受賞(告知はこちら。特設サイトはこちら)。
5月4日文学フリマ東京にて『蒸しプリン会議★春夏号』販売。
週刊俳句5月28日号 小津夜景インタビュー「わたしは驢馬に乗って本をうりにゆきたい」。
7月15日(土)下北沢の本屋B&Bにてトーク&ライブ「フラスコワークの実験室」。
俳句7月号 作品10句「艢に舳に」。
週刊俳句7月30日号 追悼・金原まさ子「反人生的領土」寄稿。
俳壇8月号 作品7句「空気のしくみ」。
ふらんす堂通信153号 作品10句「共寝の時間」とエッセイ「虹の脊柱」。
スピカ 野口る理「ほどける冠」にて小津夜景インタビュー掲載(前編後編
日本経済新聞(8月16日付)インタビュー「俳句は言語をつかったアート
アンソロジー『天の川銀河発電所』刊行(佐藤文香編、左右社)
俳句9月号 エッセイ「虹自身時間はありと思ひけり」。
詩客短歌時評 作品評「ガリガリ君と、夏の思い出」。
週刊俳句8月27日号 作品評「ふたりの幻術師」。
スピカ 月間日記「かたちと暮らす」連載。(9月1日〜30日)
週刊俳句9月3日号、10日号、17日号 竹岡一郎×関悦史×小津夜景「超ひまつぶし鼎談」掲載(第1回第2回第3回)。
朝日新聞夕刊(9月13日付)ズーム「俳人・小津夜景さん 俳句は回路、外の世界と自分をつなぐ
『静かな場所』19号 作品15句「虹の音字機」と一句鑑賞寄稿。
週刊俳句10月8日号 小津夜景インタビュー「海鳥ダイアリー」。
川柳スパイラル創刊号 小津夜景インタビュー掲載。
庫内灯3号 作品16句「ボーン・イン・ザ・冥土」とエッセイ。
11月23日文学フリマ東京にて『蒸しプリン会議★秋冬号』販売。
12月31日文芸誌『しししし』に作品40句「風のデッサン」と漢詩翻訳。